正政治新表紙B.jpg

​世界の現在理論の総括。高度資本主義、消費社会、国家、権力、都市、情報社会、学校・教育、ジェンダー、性、身体、言語、民俗、ナショナリズム、エスニシティ、イデオロギー、場所、環境、自己、精神分析、など世界理論の到達地平を1500ページにまとめた大著。

品切。(オンデマンド形式で作っていたのですが、制作費が高騰し品切れになりました。)

1500頁 B52段組(厚さ93mm) 25715円+税

​ISBN 978-4-938710-20-0

(返品本、汚れ、やや傷、3部あり。廉価にて販売:直接

ehesc@gol.comへ)

表紙任侠映画.jpg

高倉健と藤純子の全任侠映画を解読。

​折口信夫の「ごろつき」民俗論から、文化的に任侠映画のあり方を考える。

品切。

378頁 B5 3800円+税

​ISBN 978-4-938710-94-1

Tetsuji

​Yamamoto

古事記の神々は、元は「国つ神」である。

天照大神は「海照らす神」であり、スサノウは

木の神ないし水に関わる神であった。天照は奈良から追い出されて伊勢へ行く。

大国主」「大物主」「猿田彦」など、国つ神の視座から、古事記の共同幻想を徹底して解き明かし、日本書紀の神話体系との違いを描き出し、宣長や平田篤胤の神論の改竄を批判。

​場所論の古代的本質を浮き立たせる。

残部僅少。

546頁 4500円+税

​ISBN 978-4-938710-78-1

国つ神.jpeg

【注記】問合せにお答えします。

「哲学する日本」(単行本)の構成は

哲学する日本1 『哲学する日本:非分離・述語制・場所・非自己』2011

哲学する日本2 『<もの>の日本心性:述語表出の界閾』2014

哲学する日本3 『 国つ神論:古事記の逆立解読』2013

哲学する日本4 「述語制の日本」 

          ①『述語制の日本語と日本思想』2019

          ②『日本語の述語制文法と言語資本』(未刊)

          ③『述語制日本語の哲学文法と文化資本』(未刊)

 

哲学する日本5 『日本の情緒資本論:感覚・情緒、愛の理論』(未刊)

哲学する日本6 『武士制の日本』(未刊)

山本「哲学する日本」連作

哲学 jpeg.jpg
もの表紙.jpeg
国つ神.jpeg
述語制表紙.jpg
IMG_2093.jpg

神田明神の「神田の家」で「国つ神論」

をレクチャーする著者。

山本国家論5部作

吉本国家論.jpeg

​晶文社刊

フーコー国家  表紙_ページ_1 のコピー.jpg

​フーコー国家論の新書新版

sカバーフーコー.jpg

​品切

ブルデュー国家_表紙新.jpg
再認 1.jpg
再生産表紙.jpg

単行本gallary/Top